MENU

食事での糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を防ぎましょう

健康診断や人間ドックなどで、「血糖値が高い」あるいは「このままだと糖尿病になりますよ」と言われてお悩みのことでしょう。
現段階で明らかな糖尿病(ヘモグロビンA1cが7.0以上など)の場合はすぐに治療が必要です。

 

ただ、現状で通常より血糖値が高めと指摘された方であれば、食事や運動によって血糖値が上がらないようにすることは可能です。
最も効果的なのは血糖値を上げる一番の原因である糖、つまり炭水化物を摂らないようにするのが望ましいですが、なかなか難しいというのが実情でしょう。

 

そこで、当サイトでは食事からの糖の吸収を抑えることが期待されているサプリメントを紹介しています。
食事や運動など日頃の生活習慣に気をつけるのと合わせて、こうしたサプリを飲むことで健康を維持するようにしましょう。
ランキングの順位は当サイトでの人気順(売上順)となっています。どれも多くのリピーターに支持されているサプリなので安心して飲めます。

糖尿病と糖尿病合併症の恐ろしさを知ろう

日本では、糖尿病の患者が増え続けています。糖尿病は初期の自覚症状があまりないため、糖尿病と診断されても放置し、突然、重い合併症が出て苦しむ人もいます。ぜひ、糖尿病と合併症について知っておきましょう。

糖尿病とはどういう病気なのか

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。私たちの体は、食事をしたあと、栄養素が体内に取りこまれます。炭水化物を摂取した後は、ブドウ糖として吸収され、血液の中のブドウ糖の濃度が高くなります。そのとき、すい臓から出されるインスリンというホルモンが、血糖値を一定に保つように働きます。しかし、なんらかの原因で、この仕組みがうまく働かなくなると、血糖値の高い状態が続くようになります。これが、糖尿病です。
血糖値が高いと、疲労感、のどの渇き、体重減少、頻尿などの症状が現れ、全身の血管や神経も傷んできます。その結果、全身のいろいろな臓器に障害が起きるようになります。
糖尿病が恐ろしいのは、それらの糖尿病合併症が、重く、生活の質に重大な影響を与えるものであるからなのです。

糖尿病の合併症とは

糖尿病にかかると、血管に障害が現れてきます。大きな血管は動脈硬化の状態になり、心筋梗塞・脳卒中などを引き起こすことがあります。また、細かい血管は流れが悪くなりがちで、それが原因で、体のいろいろなところにさまざまな合併症が現れます。
糖尿病合併症のうち、糖尿病に特有な合併症として、3大合併症と言われるものが、「網膜症」「腎症」「神経障害」です。

糖尿病網膜症

「網膜症」は、高血糖のために、目の網膜の血管の流れが滞り、小さな出血や白斑などの病変できることから始まります。初期は自覚症状はありませんが、進行すると、病変が増えていき、やがて大きな出血や網膜剥離が起きてしまいます。ここまでくると、視界や視力にも当然異常が現れ、失明してしまうこともあります。
ですから、糖尿病と診断されたら、たとえ自覚症状がなくても、定期的に目の検診を受けることが大切です。

糖尿腎障害

「腎症」とは、血液中の老廃物を濾過して尿として排泄する働きをしている、腎臓の働きが落ちてしまう病気です。
高血糖が続くと、腎臓の細かい血管(糸球体)の流れが悪くなって、腎臓が本来の働きができなくなり、腎不全に陥ります。腎不全が悪化すると、最終的には人工透析をしなくてはいけなくなります。

糖尿病神経障害

「神経障害」とは、さまざまな神経に障害が出る病気です。手足のしびれ、痛みなどが起きることがあります。
神経障害によって手足の指先の感覚が麻痺してしまうと、やけどやケガをしても、気づかないことがあります。足に小さな傷ができても気づかないでいるうちに、糖尿病によって治癒力や免疫力が低下していることもあって、感染症を起こしたり傷が化膿したりします。それでも神経障害のために、気づかないでいると、組織が死んで切断せざるを得ない状態、壊疽(えそ)になってしまいます。糖尿病の人は、日頃から入浴の際などに、手足に傷がないか、気をつけておく必要があります。

 

糖尿病が恐ろしいのは、さまざまな重大な合併症を引き起こすからです。もしも糖尿病にかかってしまった場合は、糖尿病合併症を起こしていないか、定期的に検診を受け、早期に治療するように心がけましょう。糖尿病の治療によって血糖値をコントロールし、検診を受けて健康に気をつけていけば、たとえ糖尿病であっても、長生きできるのです。

糖の吸収を抑えるサプリとは

ダイエットや糖尿病予防・改善などにおいて血糖値コントロールは非常に重要になっています。
血糖値を上げないために糖の吸収を抑えるサプリもありますが、どのようなサプリなのでしょうか。

水溶性食物繊維系

いわゆるトクホのドリンクなどでも使用されている難消化性デキストリンやイヌリン、ポリデキストロースなどの水溶性食物繊維が含まれたサプリメントがあります。
水溶性食物繊維は炭水化物の消化や吸収を阻害して、ブドウ糖が血液に出るのをゆるやかにしてくれるので血糖値が急激に上がるのを抑えることが出来るのです。そのため、食事の前や食事と一緒のタイミングで摂取すると効果的であるとされています。
糖質だけではなく脂質の吸収も抑えるので糖尿病だけでなくあらゆる生活習慣病の予防や改善に効果が期待できます。

サラシア由来のサプリメント

糖の吸収を抑える成分として古くからあるのがサラシア由来の「サラシノール」を配合したサプリメントです。
古くから民間療法として使用されていたサラシアですが、糖の吸収を促す消化酵素のα-グルコシダーゼを阻害する効果があることがわかっています。そのため、血糖値上昇抑制効果が確認されているので、血糖値コントロールに高い効果が期待できるのです。
また、血糖値だけではなく抗肥満作用や肝保護作用も確認されているので糖尿病以外の生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

糖の吸収を抑えるサプリまとめ

糖の吸収を抑えるサプリメントは様々なメーカーから発売されていますが、それぞれ特徴が異なります。
どういった成分がどうして糖の吸収を抑えるのかをしっかり把握して選択することが大切です。